経済

2021年02月26日

株式会社ユーグレナ社長の出雲充氏は、“農業”こそ持続可能な社会の主産業になると解説する。しかし、現在伸びているIT産業とは対極にある中で、農業が主力となるにはどのような変化が社会に必要なのか。

2021年02月24日

近年“いき過ぎた資本主義経済”の是正として、「サステナブル」というワードに注目が集まる。株式会社ユーグレナ社長の出雲充氏は、日本企業のSDGsに見られる問題を指摘し、“ソーシャルビジネス”を推進すべきだと語る。

2021年02月05日

1銘柄が億に化ける? 有名投資家が「小型株1銘柄投資」にこだわる理由

遠藤洋(投資家/投資コミュニティixi(イクシィ)主宰)

1銘柄が億に化ける? 有名投資家が「小型株1銘柄投資」にこだわる理由

遠藤洋(投資家/投資コミュニティixi(イクシィ)主宰)

コロナ禍によって株式投資を始めるハードルが上がっているように感じる方も多いだろう。まず何から始めたらいいのだろうか。今後の運用戦略を遠藤洋氏が解説する。

2020年12月28日

京都には、なぜ世界で活躍する「ものづくり」企業が多いのか?

鵜飼秀徳(ジャーナリスト/浄土宗正覚寺副住職)

京都には、なぜ世界で活躍する「ものづくり」企業が多いのか?

鵜飼秀徳(ジャーナリスト/浄土宗正覚寺副住職)

東京一極集中が長く続き、大企業もほとんどが東京に本社を置いている中、京都には村田製作所やオムロン、堀場製作所、京セラ、任天堂、ローム、ワコール、日本電産など、世界で活躍する名だたる「ものづくり」企業がある。いったい、なぜなのか? 京都に本社を置く世界的「ものづくり」企業の1つ、島津製作所の歴史をたどる『仏具とノーベル賞 京都・島津製作所創業伝』(朝日新聞出版)を上梓した鵜飼秀徳氏に聞いた。

2020年12月22日

元乃木坂46・中田花奈「アイドル辞めた後は、金銭的にも不安だから…」

中田花奈(元乃木坂46)&濱本明(日本大学教授)

元乃木坂46・中田花奈「アイドル辞めた後は、金銭的にも不安だから…」

中田花奈(元乃木坂46)&濱本明(日本大学教授)

投資の神とも称される、ウォーレン・バフェット。彼は自身の“投資哲学”を持ち合わせているという。元乃木坂46・中田花奈も思わず唸る、バフェットのマネー哲学を紹介する。

2020年12月21日

近年、働き方改革の流れもあり、「生産性の向上」を掲げる企業が増えてきた。しかし、「生産性」への間違った認識で効果が出せない組織も多いという。これを上げるための考え方とは。

2020年12月15日

「労働時間の43%が“社内会議”に費やされている」クロスリバー代表取締役の越川慎司氏は、こうした社内会議のムダを指摘する。「ムダな会議」にはどういった改善策が有効なのか、詳しく解説する。

2020年12月12日

テスラが「広告費ゼロ・ディーラー無し」でも売れる理由

山本康正(ベンチャーキャピタリスト)

テスラが「広告費ゼロ・ディーラー無し」でも売れる理由

山本康正(ベンチャーキャピタリスト)

電気自動車をはじめ、異彩を放つテスラ。同社はブランディングはすでにテスラを乗っているユーザーの動向ならびに口コミだと捉えている――こう指摘するのはベンチャーキャピタリストである山本康正氏。

2020年12月07日

小売りのみならず、金融、モビリティーなど業界を軽々と超えてビジネスを広げる“アマゾン”が、次に目論んでいるのは農業への参入?ベンチャーキャピリスト・山本康正氏が解説する。

2020年12月02日

10万円配るのは正解だった?「激論!菅内閣の経済対策」

高橋洋一(内閣官房参与),田中秀臣(経世済民政策研究会顧問)

10万円配るのは正解だった?「激論!菅内閣の経済対策」

高橋洋一(内閣官房参与),田中秀臣(経世済民政策研究会顧問)

感染者の激増で「Go To イート」「Go To トラベル」の存続も危ぶまれている。コロナ禍が経済に与える打撃に対して、どのような政策を取れば有効なのか?

2020年11月20日

ついに“民が官より”時代遅れに! 霞が関「パスワード付きzipファイル廃止」の衝撃

沢渡あまね(業務改善・オフィスコミュニケーション改善士)

ついに“民が官より”時代遅れに! 霞が関「パスワード付きzipファイル廃止」の衝撃

沢渡あまね(業務改善・オフィスコミュニケーション改善士)

2020年11月17日、平井卓也デジタル改革担当相は中央省庁における「パスワード付きzipファイル」の廃止を発表。これが意味するものとは? そして民間企業に与える影響とは?

2020年11月12日

元乃木坂46の中田花奈 「バフェットの投資術」を麻雀に活かす!?

中田花奈(元乃木坂46)&濱本明(日本大学教授)

元乃木坂46の中田花奈 「バフェットの投資術」を麻雀に活かす!?

中田花奈(元乃木坂46)&濱本明(日本大学教授)

乃木坂46を卒業した中田花奈さんは、「夢は雀荘経営」と語るほど麻雀を愛好している。日本大学教授の濱本明さんとの対談を通して、その夢を実現する方法を探る。

2020年11月04日

「営業時間の短縮」で売り上げを伸ばしたロイヤルホストが、コロナショックで学んだこと

菊地唯夫(ロイヤルホールディングス代表取締役会長),河合雅司(人口減少対策総合研究所理事長)

「営業時間の短縮」で売り上げを伸ばしたロイヤルホストが、コロナショックで学んだこと

菊地唯夫(ロイヤルホールディングス代表取締役会長),河合雅司(人口減少対策総合研究所理事長)

コロナショックにより大打撃を受けているのが飲食業界。業界上位のロイヤルホールディングス・菊池会長は、アフターコロナの経営や人材確保をどう見据えるのか。

2020年10月27日

新型コロナウイルスの影響で、観光・宿泊業を中心に多くの企業が厳しい状況だが、逆風の中で右肩上がりの成長を見せる企業がある。経済評論家の渡邉哲也に「コロナ危機」を生き抜くヒントを聞く。

2020年10月26日

コロナ・ショックによって韓国経済の限界が露呈した。経済評論家の渡邉哲也氏によると、コロナ禍前から既に危険信号が灯っていた韓国の航空業界の「大破綻」は決定的だという。

2020年10月19日

新しいお札の顔「渋沢栄一」が導く未来

渡部清二(複眼経済塾・塾長)、エミン・ユルマズ(複眼経済塾・塾頭)

新しいお札の顔「渋沢栄一」が導く未来

渡部清二(複眼経済塾・塾長)、エミン・ユルマズ(複眼経済塾・塾頭)

今回の新型コロナによって、より安心で安全だという「ジャパン・クオリティ」が、あらためて見直されることになった。そして、これまで海外に流れていたヒト・モノ・カネが日本に戻ってくるという大きな波が生じている。2024年にデザインが新しくなる日本のお札は、まさにその象徴となるだろう。渋沢栄一を生んだ日本だからこそ、世界をリードしていける──。

2020年10月14日

企業にもよるが、50代に入ると、定年まであと10年を切ってくる人が多いだろう。気になってくるのが、老後資金だ。どう対策すればいいのかを、老後資金捻出のプロフェッショナル・水上克朗氏に教えてもらった。

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 経済

×