生き方

2021年10月15日

作家・岸田奈美さんは、はじめて上梓した本の印税と、これまで働いてきた貯金をすべてはたいて外車・ボルボを買いました。でも、岸田さん自身は自動車免許をもっていません。ではだれのために?

2021年10月15日

「人生が苦しい」と感じる人に共通する“他人への不理解”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「人生が苦しい」と感じる人に共通する“他人への不理解”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

生きていてもなぜかつまらない――それは他人に甘えた生活をしているからだと加藤諦三氏は語る。同氏は人生を充実させるヒントは苦しみの中にあるという。その真意とは。

2021年10月12日

「あんなもの、くだらない」と言い続けた人の末路

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「あんなもの、くだらない」と言い続けた人の末路

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「あんなことはくだらない」――このような発言をしていたら、それは人生が停滞しているサインかもしれない。加藤諦三氏は人生を充実させるためには「価値を見出す精神」が重要であると語る。

2021年10月01日

永松茂久氏はユニークな人材育成法を多くの人に伝えてきた。その背景には、自身の人生を支えてくれた母からの言葉があったと語る。母から学んだエピソードとは。

2021年09月30日

生きづらい理由は「理想の自分」を追求しすぎているから

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

生きづらい理由は「理想の自分」を追求しすぎているから

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

なぜこんなにも生きづらいのか。それは、その人が「理想の自我像」を追い求め過ぎているからだという。"人付き合い"が楽しめないのも自分への失望が関係するというが、どういうことか。

2021年09月28日

「受験勉強なんて、くだらない」一見して“合理的な選択”が覆い隠すもの

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「受験勉強なんて、くだらない」一見して“合理的な選択”が覆い隠すもの

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

不安に陥ってしまったとき、どのように解決できるのか。早稲田大学名誉教授の加藤諦三氏は、それには「消極的解決」と「積極的解決」があると語る。消極的な方法では、根本の解決には至らないというがどういうことか。

2021年09月28日

永松茂久氏はユニークな人材育成法を多くの人に伝えてきた。その背景には、自身の人生を支えてくれた母からの言葉があったと語る。母から学んだエピソードとは。

2021年09月27日

「ここで喜んで、怒って、悲しんで!」…無意識に“感情の強要”をしてる人の怖さ

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「ここで喜んで、怒って、悲しんで!」…無意識に“感情の強要”をしてる人の怖さ

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

生きることが辛い人の心の底にあるものは何か。ここでは依存心の強い人に見られる特徴を解説する。誰かに依存的になる人に共通して見られる"感情の強要"とは。

2021年09月27日

永松茂久氏はユニークな人材育成法を多くの人に伝えてきた。その背景には、自身の人生を支えてくれた母からの言葉があったと語る。母から学んだエピソードとは。

2021年09月24日

「すぐに他人を嘲笑する人」と「あえて笑われたい人」の歪んだ関係

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「すぐに他人を嘲笑する人」と「あえて笑われたい人」の歪んだ関係

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

なぜかいつも他人から嘲笑われている人。周囲と一緒に笑っているように見えるが、その根底には彼らの人生に欠けているものが関係しているという。

2021年09月23日

コロナ禍により働き方は大きく変わったが、先行きが不透明なままであることも確かである。その先の時代を見据えて動く20代と50代に差が生まれているという。

2021年09月22日

必死に生きてきた夫が苦悩する「妻のいない生活」

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

必死に生きてきた夫が苦悩する「妻のいない生活」

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

どんな困難も、今を最終点の幸せにたどりつくまでの「経過」ととらえれば、乗り越える力が湧いてくると加藤諦三氏は言う。心の健康に保ち、前向きになれる最強の思考法とはどのようなものか。

2021年09月17日

「ずるい人」と「カモにされる人」を分ける“決定的な違い”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「ずるい人」と「カモにされる人」を分ける“決定的な違い”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

鬱病になる人を生む家庭では、正直に働いた人ほど酷い目に遭ってしまうという。そうした正直者を利用するずるい人は、"いい人"に思われたいものだと指摘するがどういうことか。

2021年09月16日

手に負えない「すぐ怒り出す夫」が気づけない“たった一つの感情”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

手に負えない「すぐ怒り出す夫」が気づけない“たった一つの感情”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

些細なことですぐに怒ってくる人がいるのは何故か。それは、その人の無意識にある不安が原因であると、早稲田大学名誉教授の加藤諦三氏は指摘する。

2021年09月15日

「夢を持ちなさい」はプレッシャーにならない? 松岡修造が“夢よりも大切にするもの”

松岡修造(元プロテニスプレイヤー、ニュースキャスター)

「夢を持ちなさい」はプレッシャーにならない? 松岡修造が“夢よりも大切にするもの”

松岡修造(元プロテニスプレイヤー、ニュースキャスター)

元テニスプレイヤーで、現在ジュニア選手指導やスポーツキャスターなどと幅広く活躍する松岡修造さん。いくつもの目標に立ち向かってきた彼が、夢を実現させるための行動を紹介する。

2021年09月15日

母親に手を上げた15歳の息子の本心…心の矛盾とSOS

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

母親に手を上げた15歳の息子の本心…心の矛盾とSOS

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

人生の危機ともいうべき逆境や大きな挫折を経験して、ダメになってしまう人もいれば、それをバネにして輝きをます人がいる。その違いが「レジリエンス」にあると、加藤諦三氏は言う。

2021年09月14日

“安易なYES”の積み重ねがもたらす「一生の不幸」

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

“安易なYES”の積み重ねがもたらす「一生の不幸」

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

加藤諦三さんは、不幸に陥っている人の多くは、背負う必要のない重荷を"安易に"背負ってきたと語る。幸せな人生を送れる人との違いは何なのか。

2021年09月13日

コロナのせいだけじゃない…「いつも不安な人」が増えた納得の理由

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

コロナのせいだけじゃない…「いつも不安な人」が増えた納得の理由

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

人はどうして不安になってしまうのか。早稲田大学名誉教授の加藤諦三氏は、不安の原因は共同体の崩壊と消費社会の進行にあると語る。

2021年09月10日

「すべて他人のせい」にする人が、結局は誰よりも苦しむ“悲しい結末”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「すべて他人のせい」にする人が、結局は誰よりも苦しむ“悲しい結末”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

現代において、重荷を逃げることばかり考えて、結局生きがいを見失っている人は多いと加藤諦三氏は語る。重荷を避けてきた人の人生とは。

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方

×